ペニブーストの増大効果や評判を口コミと使用体験談から本気で評価!【PENIBOOST】

ペニブーストの増大効果や評判を口コミと使用体験談から本気で評価!【PENIBOOST】

流行敏感男子の中で、一時期爆発的に広まったものがあります。

海外から急に日本に現れたペニブーストは黒船来航を思わせるようでした。その佇まいから口コミであっという間に広まり、購入困難な時さえあったほど。

それがペニブーストです。

聞いたことのある人も多いのでは?ペニブーストはペニス増大サプリです。

なーんだ。と思うなかれ。

海外製品であることから、当時は輸入代行業者からの購入しかその方法はありませんでした。

しかししかし!日本の諸君から絶大な人気と支持を得たペニブーストは、この度正式に帰化、いや日本版として発売されるに至ったのです!

かつてここまで急激に人気の出たサプリメントがあったでしょうか。

日本版になった事で、ペニブーストに何らかの変化はあったのでしょう。

今回「ペニブーストの実態にせまる その1」では、ペニブースト自体と、ペニス増大に必要な主要成分についてじっくり迫ってみたいと思います。そして「その2」ではさらなるサポート成分があるのか?ないのか?副作用やメリット、デメリット、購入方法などについてお話していきたいと思います。

ペニブーストは日本国内生産!

ペニブーストは日本国内生産!

ペニブーストは海外で産まれたペニス増大サプリです。サプリメントの本場であるアメリカを中心に、タイなどで累計100万個以上を売り上げてきた脅威のサプリメント。
な~んだ、男の悩みは世界共通、俺とお前は同士じゃん!と日本男子に安堵さえもたらしたサプリメントです。

このペニブーストが改めて日本版として改良され発売されたのです。

日本で販売されるにあたり、ペニブーストは日本の製薬会社管理の元、日本の工場で生産されるようになりました。つまり日本の法令に従い、日本の安全基準に基づいて、日本人の身体に安全なように生産されているわけですね。
このことにより海外製品の安全管理に不安を抱いていた人や、海外製品自体に雑なイメージを持っていた人達の垣根を取り払いました。

もちろん成分表やマニュアルに関しても日本語。お客様窓口も日本語ですので、海外製品に対して高いハードルを感じていたいた人達の不安も一気に払拭され、購入しやすくなりました。

さらに日本向け製品にはシトルリンの量を増量させてあります。

これは、シトルリンという成分が日本で発見された成分であり、日本がシトルリンの研究において第一人者という点を尊重したもの。

ペニス増大の研究に他国より遅れを取っている日本ではありますが、シトルリンの研究に於いては秀でています。

新しく日本向けになったペニブーストは、海外研究の素晴らしいところと、日本の研究の素晴らしいところを融合させた、ペニス増大への究極のサプリメントと言っても過言ではないでしょう。

ペニブーストの主要成分

ペニブーストの主要成分

ペニブーストには必須アミノ酸である『シトルリン』と『アルギニン』がしっかりと配合されています。ペニスのサイズアップにおいて主力を担う2代アミノ酸です。
特にシトルリンはペニス増大サプリには欠かせません。

シトルリンは体内に高濃度で摂取・吸収されると、血液中に一酸化窒素を発生させます。この血液内の一酸化窒素は血管の拡張を行うことがわかっています。もちろんこの効果は体の主要部分の血管のみならず、ペニスの毛細血管も拡張するのです。この毛細血管の拡張こそがペニスサイズアップの根拠なのです。

ペニスの大きさは血液の量がどれだけペニスの毛細血管に流れ込むことができるのか、そしてその血液をどれくらいペニスに留めておけるのかで決まってくるのです。

つまり毛細血管の拡張が行われれば、そこを流れる血液も当然増えるわけで、結果としてペニスの成長に繋がるという理屈です。その一番大切な部分の働きをしてくれるのがシトルリンであり、シトルリンが含まれていないサプリには信憑性がないのです。

もう一方のアルギニンですが、こちらは脳下垂体から成長ホルモンの分泌を促す役割を担っています。

成長ホルモンは、人間の成長期である思春期に多く分泌されると言われています。しかしその後、一定の量は分泌されるものの、体を大きくするなどに必要とされる大量の成長ホルモンはあまり生産されず、必要最低限に抑えられるようです。
ペニスの増大には成長ホルモンが必要不可欠なので、自然に分泌されないのであれば、体外から必要分を補おうという考え方なのです。

この成長ホルモンは、ペニスを構成している海綿体や毛細血管などの細胞分裂を促進させます。よって大人になってからでも、ペニスの成長が望めるというわけです。

ペニブーストには1日分(1粒)あたりシトルリンが700mg、アルギニンが260mg、含まれています。

ペニス増大において理想的なシトルリンの摂取量は約800mgだと言われています。

シトルリンやアルギニンといった成分は、日常の食事からでも摂取していますので、ペニブーストに含まれている700mgという量は申し分ないのではないでしょうか。

一方のアルギニンに関しては、ペニブーストに含まれている量がペニス増大サプリとして十二分なのかどうかは明言できません。

アルギニンはシトルリンと比べても、体内への吸収率が悪く、また個人差が出やすい成分です。さらに一緒に摂取するサポート成分の比率に寄ってもその吸収率が変化するため、摂取理想数字を明確にしにくいのだと思います。

ただ一つ言えるのは、他社に比べ、配合量が大いということです。

ペニブーストは信頼に値する

ペニブーストは信頼に値する

製造に至る過程やその姿勢、そして主要成分についてみてきましたが、結論から申し上げると、ペニブーストはペニス増大サプリと断言してもよく、信頼に値するだろうということです。

販売開始から10分に一個を売り上げるそのスピードは人気のバロメーターです。ただ単に人気だけならそのうち流行は過ぎ去るものです。しかし販売実績を着実に上げ、日本版として改良してまで売り出すとなると、確固たる効果がなければ到底無理な仕業ではないでしょうか。

リピート率NO.1を謳っている、ペニブースト。
さらなる実態を「ペニブーストの実態にせまる その2」で明らかにしていきたいと思います。

さて前回の「ペニブーストの実態にせまる その1」では、自体とその主要成分について迫り、ペニブーストは信頼に値する製品だとの結論に至りました。

今回の「その2」では、ペニブーストにはさらなるサポート成分があるのか?ないのか?効果や副作用、購入方法などについて切り込んいきたいと思います。

ペニブーストのサポート成分

ペニブーストのサポート成分

ペニス増大サプリというからには、そこに求められている最大のものはただ一つ。ペニスの成長です。
その基本は揺るぎないものであっていただきたいのですが、それをサポートし、プラスアルファーをくれるのであれば断る理由もなし、大歓迎ではないでしょうか。

ペニブーストは健康改善や滋養強壮、精力向上、といったセックスサポート面も考えて作られています。

そのサポート成分の一つが『トンカットアリ』です。

トンカットアリ、比較的広く知られている名前ではないでしょうか。でもその働きについて知っている人は少ないかもしれませんね。

トンカットアリは植物です。主要生産地はスマトラ島、ボルネオ島、インドシナ半島にマレーシアなどの東南アジア一帯。昔からその地方では滋養強壮剤や性欲増進剤として使われてきた実績があります。

ニガキ科という名前から連想してしまうように、苦くて不味いです。しかし効果への信頼は厚いようで、トンカットアリの根を煎じて飲む行為は今でも一般的にされています。

このトンカットアリにはグリコサポミン、ユリペプチドといった成分が含まれています。
特に注目がユリペプチド。ユリペプチドには男性ホルモンであるテストステロンの分泌をアップさせる効果があると言われています。

テストステロンは男性には欠かせない大切なホルモンなのは周知の事実。生殖機能はもちろん、筋肉の構成、男性らしさを作り出したり、活力や心の健康にまで影響を及ぼしてきます。

テストステロンの分泌アップは、すなわち男性機能の向上を意味するのです。

このようにトンカットアリには素晴らしい働きをする成分が含まれております。ペニブーストは日本販売版へ新しくこの強力成分トンカットアリを加え、ペニス増大サプリにさらなる付加価値を与えました。

さらにサポート成分として、アルギニンの吸収率がを助けるビタミンB6、精液を作るのに必要な亜鉛をも盛り込み、期待を上回るサプリメントに仕上げてきたのです。

ペニブーストの更なる効果とは

ペニブーストの更なる効果とは

ペニブーストはペニス増大効果に加え、普通のサプリメントの効果とセックスサポートの効果があります。

むくみの防止、冷えの改善、集中力・記憶力のアップ、疲労回復・軽減効果、アンチエイジング、動脈硬化防止などです。

ペニス増大という部分を除けば、男性のみならず女性にも良さげだと思わざるを得ない効果のラインナップです。

特に注目したい効果が動脈硬化防止。
ペニスが縮んでしまう原因の一つが、動脈硬化であることはご存じでしたでしょうか。その動脈硬化を防止してくれるということは、ペニスが縮むのを防いでくれるということ。これはなくては困るでしょう。

日常生活に気を配り、規則正しい生活、食事をしていれば、このような効果は自ずと得られるかもしれません。
しかし、忙しくストレスの蔓延る日常を過ごしている我々にとっては簡単に得られるものでもありません。

サプリメントの摂取は、そのような我々の大きな味方でもあるのです。

ペニブーストは医薬品ではない

ペニブーストは医薬品ではない

このように多大な効果を得ることの出来るペニブーストですが、決して薬ではありません。
ペニブーストはサプリメントであり、『健康補助食品』、つまり食べ物に分類されるのです。

はあ?!食べ物?!がっかり!
そう思った人も少なからずいるのでは。

サプリメントだからオススメするのであって、これが薬ならば怖くて、、、。

医薬品は人間の体には本来存在しない成分を多く含み、強制的に体に働きかけます。

一時的にかつ急速に効果を感じるかもしれませんが、薬を止めてしまえばその効果も共に消滅してしまうのです。残されるのは薬への依存症と、薬による副作用のみです。

しかしペニブーストは天然成分由来による『健康補助食品』。人間の体内に最初から存在する成分、そして不足しているその成分を補給しているだけなので、身体の害になりようがなく、自然によって得られた効果は永遠です。

中にはサプリメントはいい加減だという印象を持っておられる方もいますが、それは薬のように万人に向かず、明日あさってに効果がテキメンに表れないため、そのように言われるのではないでしょうか。

ペニブーストはサプリメントであり薬ではありません。体質などの個人差もありますし、少なくとも3ヶ月以上の継続使用が望まれています。鳥のささ身を大量に食べても、翌日筋肉ムキムキになんてなってませんよね。毎日少しずつ、継続して結果がでる、それと一緒です。

ペニブーストにはそのようなこともきちんと謳われていますし、リピート買いする人が9割も居るということをみても、いい加減なサプリではないと言い切れ、薬のように副作用の心配もないと言えるのではないでしょうか。

ペニブーストの購入方法

ペニブーストの購入方法

ペニブーストは公式サイトと楽天での通信販売が可能なようです。
Amazonでは今のところ見かけませんでしたねぇ。まあ遅かれ早かれAmazonでも見かける日が来るのではないでしょうか。

またドラッグストアでの販売もないようです。

よって購入は2通りになりますね。

どちらがお得かはキャンペーンの有無や送料の有無なんかでも変わってきそうです。
楽天カードやポイント利用されてる方なんかは楽天が良い場合も。まあそこは個人で判断してください。

因みに公式サイトでは複数購入者への大幅割引システムがあります。
さらに3箱同時購入すると、1箱無料進呈というキャンペーンなどもあるようです。

継続して使用する必要のあるものですので、最初からセットで購入し、割引を狙った方が賢い買い方かもしれませんね。
またペニブースト公式サイトからの購入は、定期購入ではありませんので、勝手に商品送りつけられてくるかも!とビビらなくても良いのがありがたいところですね。

ペニブーストの総評まとめ

ペニブーストの総評

2回に渡りガチで検証してきたペニブースト。
その実態はペニス増大サプリであると明言でき、さらに健康改善、精力向上、セックスサポートまでしてくれる優れた製品であるということが判明しました。

効果が早いと謳われている点においても、それは薬からのものではないという事。そして、ペニス増大の効果ではなく、精力面と健康面への効果の即効性であるということが分かりました。

だからと言ってペニス増大効果がないのではありません。
サプリゆえ、その効果を実感するには時間が必要なのです。ペニブーストにもそれはただし書きされています。ペニブーストでペニス増大効果を狙うには、3ヶ月以上の継続した使用を。できれば半年以上使用するのがベストでしょう。

正直に消費者へ向き合う姿勢は、ペニブーストがリピートされる所以かもしれませんね。

少しでも気になっていたなら、この機会に試してみてはいかがでしょうか。