いつでも「母」から「女」に戻れるように準備する事が大切

いつでも「母」から「女」に戻れるように準備する事が大切

女性が男性ともっとも大きく異なる部分は、何より「子どもが産める」ということです。

自分の身体から血を分けた新しい生命が誕生するというのは、人生における、もっとも大きな経験に他ならないでしょう。

そしてお腹を痛めて生んだ子どもに愛情を注ぐのは自然の摂理ともいえるでしょう。

しかし子供を愛するあまり育児に追われ、また、子供が生まれた瞬間にパートナーへの愛情が子供に全シフトしてしまうような方も見受けられますが、パートナーとの時間が失われてしまうというのも、実はむなしいことではないでしょうか。

「いいの、私はこの子の母親だから!」と言い張って、さあ、たとえば20年後に彼らが成人して離れていったとき、あなたには何が残っているでしょうか。

愛情覚めたクソ旦那がただそばにぽつんといるだけ、そんなのは嫌ですよね。となれば、熟年離婚ですか?

次のパートナー探しを考えたとしても、長らく女を捨ててきたあなたが果たして魅力があるのかといえば…。

「母親」として成長していくことはもちろん大事ですが、常に「女」としての魅力も保ち続けたいものです。

「母」としての人生 「妻」としての人生

子どもが誕生すれば、家庭内での女性の役割は、「妻」というよりはむしろ、「母」としてのウエイトが重くなってきます。伴侶からも「お母さん」と呼ばれるようになる、それも自然なことでしょう。

しかし、いつまでも「母」であり続けるというのも、考え物です。一人の「妻」としてのあなたをなおざりにして、パートナーと夫婦関係である自分のことを忘れてはなりません。

辛いながらも充実感のある育児。素晴らしいことです。しかし、現実的に育児は大量の時間を女性から奪います。

「いつか二人目も」と思っていたはずなのに、あまりに子どもにかかりきりになると、その機会も失われてしまうどころか、パートナーと手を繋いだり、キスをしたり、会話をしたり――そういった些細な触れ合いさえ逸してしまいかねません。

女性にとってもセックスは、他で得難い刺激であり、満足感であるはずです。

辛い子育ての「報酬」として、たまには抱かれたい。そのような思いを抱えている「お母さん」も多いはず。であるならば、「妻」としての自分も見失わないよう、心に留めておきましょう。

いつでも「母」から「女」に戻れるように

子どもにとっての「お母さん」から、パートナーにとっての「妻」であり「女」に戻るためには、何よりまずは身だしなみです。

子育てに追われるあまり、女らしさをキープする努力を怠ってはいないでしょうか? 服装、メイク、ムダ毛処理。

そういった基本的な部分はもちろんですが、「臭い」対策はどうでしょう。いざ、パートナーがその気分になったとき、「ゲッ」と思われるような体臭を漂わせてしまってはいませんか?

「臭いのことなんて自分ではわからない」というなら、一度シャワーで身体を流して嗅覚をリセットしてから、自分が来ていた衣服を臭ってみてください。それが普段、あなたの周りの人が感じている「体臭」というものなのです…。

体臭も含めて、身だしなみが万全になれば、次は毎日の「触れ合い」を切らさないことを心がけましょう。

必ずしも、直接的な肉体の接触でなくてもかまいません。むしろ、あまり毎日密着していると、あるいは疲れて帰ってきた男性には鬱陶しく感じられます。

「触れ合い」とは、ただの挨拶、会話でもOKです。会話がなくなった夫婦は、必ずといっていいほどセックスレスになります(会話もなくいきなりセックスだけする、というのは通常ありえませんよね)。それどころか、究極は離婚や別居も待ち受けています。

たとえ週に1回、それ以下の頻度でのセックスしかないとしても、夫婦生活を延命するためには、会話は常に必要です。その中で「今日はいい感じだな」という感触があれば、さり気なく彼の隣に座ってみるとか、手を繋いでみる。そうやって、「女」であり、「妻」である自分をアピールしましょう。

または、究極的ではありますが、愛想をつかしきってしまったなら、いっその事、慰謝料をしっかり取って離婚したっていいんですよ。

そして、もしあなたが女性らしさを保っているならは、きっと次のパートナーが見つかるはずです。

毎日少しずつ「母」でない時間を作ろう

順調に子育ては進んでいるけれど、なんとなく心が寂しい――そんな思いを抱えている女性には、セックスが足りないのではないでしょうか? 

「母」としての自分は満たされていても、「女」として満たされていない。そんな自覚があるならば、毎日少しずつ、「母」であることをやめましょう。ただ単純に夫とセックスをして、「女」であることを確認する。

それも悪くありませんが、「女」であることというのはセックスだけでもありません。オシャレをしたり、お友達とガールズトークをしたり、そういった時間もまた、あなたを「母」という呪縛から解いてくれます。

そして、そうして生まれた心の余裕を家に持ち帰れば、夫に対しても優しく接せられるというものです。つまりは育児で溜まったストレス発散は、必ず、夫婦生活にも寄与するということですね。遠回しにではありますが、それもレス解消にも繋がってくるはず!

無論、「母」としての勤めを怠ってはなりません。しかし、いつも完全無欠の「母」であり続けることもないのです。たまには少し肩の力を抜いて、思う存分セックスを楽しむなり、女性同士で集まって喋るなりして、心に滋養を与えてあげましょう。

体型変化による魅力の減退。「劣化」とレスの関係性

年を取れば誰でも体型に変化は生じます。とりわけ「出産」という一大事を経た女性の身体は、よほど繊細な注意を払ったとしても、完全に前までと同じとはいかないでしょう。

しかし、崩れた体型をそのまま放置するというのも、問題ありです。

多くの女性は、産後部取りが状態化したまま、「おばさん」体型と劣化してしまいます。

そんなあなたにパートナーが幻滅して、「別の人を探すか」となったら、それは100%完全に、男性側の非といえるでしょうか?

体型変化程度で嫌いになる男なんて最低!確かにその通り。

そんな男なんてはじめから願い下げだわと思う方も多くいらっしゃるでしょうが、残念ながら、女性の見た目や体型を愛して結婚を決めたという厳禁な男も少なくないのです。

もちろん「浮気」は極端な例ですが、体型の変化によって彼に幻滅され、セックスレスの状態になれば、具体的な対処が必要です。

体型の維持にはサプリの使用も検討

年を取るにつれて、体型は少しずつ変わっていきます。そこへ肥満とダイエットの連続による肉体的な負荷が加わり、さらに出産なども経験すれば、鏡を見るたびにため息をついて、「いつの間にこんなことに…」と悲嘆にくれる女性も決して少なくはないでしょう。

今はまだ若く、新婚で、セックスレスなんてどこ吹く風という女性も、明日は我が身と心得ましょう。当然のことですが、後から体型が崩れてくる可能性は誰にでもあります。そして体型が変化してから、それを「戻して維持する」よりは、若く理想的なプロポーションにあるその状態を、なるべく「現状維持する」ことの方がずっとシンプルで簡単です。

ただ、そのスタイルを維持するための方法については、すでに語り尽くされている感もあります。いわゆる規則的な生活習慣と、適度な運動。そして暴飲暴食を防ぐ、という、実に画一的なもの。最近はヨガとかピラティスといった運動も出てきてはいますが、要するに以前から「これがいいですよ」と言われていることが見た目を変えているだけです。

「そんな理想的な生活ができれば苦労はない!」

ダイエットであり、プロポーション維持にアレコレ奮闘している女性にすれば、今さら聞かされると、そのように頭に来るでしょう。ここは、考え方を変えるしかありません。

やはり、多少の出費はあっても、体型維持に良いとされるサプリを飲む方が効率的です。

たとえば「ハニーココ」は、最近世間的に注目されているアイテムです。プエラリア・ミニフィリカ、そして大豆イソフラボンを主な成分とした美容サプリで、胸が膨らむという声もあれば、萎びていた肌にハリが出たというユーザーからの反応も上がっています。

人気の秘密は、有効成分が身体に即吸収されることにあるようです。あまり耳慣れない成分を配合して、「これが体型維持にいいんですよ!」と謳うサプリは掃いて捨てるほどありますが、その「吸収率」について語っている商品はあまり多くはありません。

あるいはそれが、今大人気の「ハニーココ」というアイテムの最大の長所ではないでしょうか?

もちろん、効果に個人差はあります。しかし、大事なのは「考え方を変える」ということにあります。プロポーション維持のためにアレもしてコレもして…と心を圧迫されることなく、とりあえず「サプリに任せてみよう」と思えば、多少は切迫した気分も和らぐはずです。

パートナーにとってもあなたがそうして余裕を持って生活してくれている方がずっと嬉しいはず。レス解消のために、サプリは間接的な「ムード作り」さえ担うかもしれません。

加齢と共に垂れるバストには専門的なケアを

年を重ねて如実に変わってくるのが、バストのハリです。特にお胸が豊かな方には、「将来大丈夫かな」という不安もあることでしょう。その答えは、「大丈夫じゃない!」。何もしなければ、重力に逆らうことはできず、いつかその胸は垂れ流れていく宿命にあります。

今から将来の垂れ対策をしておきましょう。「Viageビューティーナイトブラ」は、その大きな助けとなるはずです。

「締め付けが気になるし、ナイトブラはやだ」という方も、このアイテムなら違和感もなく着用できるはず。絶妙な着圧で、きつくもなく、ゆるすぎもせず、それでいて胸部周りの脂肪を上へ上へとリフトして、より豊かで整った「お椀型」の胸を成形します。

寝ている間のバストケア

産後の体型維持は「骨盤矯正」から始める

最後に、産後の体形変化についての対策を考えてみましょう。

出産前から女性の身体には、スムーズな出産を実現するために骨盤を緩めるホルモンが分泌されると言います。それは産後しばらく体内に残ったままになっているので、実は出産後は骨盤の可塑性も高く、実に「骨盤矯正がしやすい時期」であることは間違いのない事実!

反対に放っておくと徐々に歪んでいって固まり、致命的な「体型崩れ」を招きます。

多くの整骨院、整体院では骨盤矯正を施術メニューとして盛り込み、産後間もないママに美しい姿勢を維持するための指導も行っています。そこであるいは、素晴らしいママ友と出会えるかもしれません。

骨盤矯正によって背筋が真っ直ぐに伸びると血液の循環も良くなり、むくみや部分肥満も解消されると言います。いいこと尽くしの骨盤矯正、やるなら今しかありません。