クラボワスカの効果で不感症対策 話題の男女共用媚薬

起たない濡れないやる気がない。性機能の減退を食い止める方法

クラボワスカ(Clavo huasca)と聞いて、聞き慣れない名前だなと思う方も多数かと思われます。

実はこのクラボワスカとは、南米、アマゾン流域で自生している植物の事。そしてまた、クワボワスカは勃起機能を改善する薬草として、アマゾン川流域の原住民族の「媚薬」として重宝されてきました。

そして最近では、その媚薬効果は男性のみならず、女性にも効果的との事で、男女で共用できる不感症対策グッズとしても、徐々に知名度を上げてきています。

また、女性の性欲回復効果のため、女性用バイアグラとも呼ばれています。特に更年期前の女性にとって効果的との事で期待がもてます。

南米では自然の精力剤以外には、鎮痛剤としての利用も多く、ペルーでは、クラボワスカの樹液を葉の上に直接搾り出して、歯痛止めとして使用したりと、多種多様に利用されています。

では、なぜ媚薬としての効果がるのか、クラボワスカの有効成分を詳しく見てみましょう。

勃起や性感回復に欠かせない血流を増加させる効果

血流を回復させるアルカロイドを配合している事が、効果の最大理由です。

ティナンティナ

植物に含まれていることで知られるアルカロイド。
アルカロイドとは、窒素を含む有機化合物。バイアグラなども窒素の作用により、血管が弛緩し、血流の流れが改善するといった作用を示します。
またアルカロイドの薬理は様々で、クラボワスカに含まれるティナンティナは、主に性感の高揚や持続に働きかけるとされます。
より感度の高いオーガズムが得られるとも。

ユーゲノル

クラボワスカの樹液および、木の脂、そして根に含まれるタンニン。ユーゲノルはタンニン酸の一種で、粘膜を保護する働きがあるそう。
タンニンといえば、柿渋などを思い出しますね。ユーゲノルは、防腐効果を始めとして、鎮痛効果、そして止血効果もあるそうです。
タンニンは収斂といって、胃腸の収縮作用により、胃腸を守る効果もあるようです。

エッセンシャルオイル

クラボワスカに含まれる精油成分は、落ち着きをもたらします。
上品な香りでアロマ効果もあるとの事。
このアロマ効果が、リラックスと相まり一種の催淫効果を生み出すようです。

実際に使用してみると…

なお、男性の勃起薬として知られる、バイアグラも、ペニスへの血流を開放する部位に作用するもの。ちなみに女性のクリトリスは男性のペニスと基本的には同様の部位であるため、血の流れが良くなることで、女性も抜群に感度が良くなるそうです。

実際、男性も勃起力の回復と共に性欲が向上。女性も同様に、ムラムラとしてくることから、付き合い始めのセックス、または若かりし頃のように、熱く燃え上がるプレイに没頭できると、多くのパートナーが効果を賞賛しています。

何よりも、男女共用で利用できるのが、クラボワスカの一番の利点です。

女性の催淫剤というと、いかがわしく怪しくもあり男性本位の印象。そして勃起剤にしても同様です。しかし、こちらはカップルで仲良く飲むことができ、さらにお互いが気持ちを高め合う事ができるという点が素晴らしいのです。

劇薬アヤワスカと混同しないように

ワスカ(HUASCA)とは、蔓(つる)という意味のスペイン語です。

アヤワスカという南米原産の幻覚作用を持つ植物と、名前が似ているため混同されがちですが、クラボワスカに関する危険性などは、今のところ報告されていないようです。

なお、このアヤワスカは、シャーマン(祈祷師)などがトリップを経験すための幻覚剤であり、ジメチルトリプタミンという成分は国際的にも、スケジュールIの薬物に指定されている危険なもの。

日本国内でも、麻薬及び向精神薬取締法に指定されている違法成分となっていますが、クラボワスカに関しては、幻覚・副作用の報告もなく、問題なく利用できるので無駄な心配は必要ありません。

健全にセックスを楽しむためには、身体的な機能も大事です。男性の場合で考えてみればわかりやすいですが、年を重ねるとどうしても反応が悪くなり、そもそも性器が勃起しないという人も出てきます。

もちろん女性にも加齢の問題は静かに忍び寄ってきます。

これまで難なくパートナーを受け入れられていたのが、あるときから激痛を伴うようになるというケースもあります。多かれ少なかれ、濡れにくい体質にはなってくるのです。

器質的な問題とセックスレスの関係は、やはり実に大きなものがあると言えるでしょう。

男女の機能低下が招くセックスレス

年を取ると「最近勃ちが悪くなった」と感じる男性は非常に多いようです。

勃起不全が表れてくるのは中年期からが平均的ですが、若い男性も、たとえば20代後半に差し掛かってから、「一日に何度も、というのは無理になった」と感じる方は多いのではないでしょうか。

これも性欲低下、あるいは機能低下の一環といっていい症状でしょう。

EDや中折れの原因となるのは、主にはストレスであり、生活習慣です。

とりわけ仕事における抑圧は一般的に非常に強いものなので、そのために暴飲暴食に走ったり、睡眠時間が不規則になったりで、いざベッドに潜りこむと機能しないという事態も発生してきます。

加齢と共になかなか以前と同じようにはいかなくなるというのは一種「老化」なので、言ってしまえば自然なことです。

しかし、そのためにセックスレスという問題や、夫婦の時間の激減という状況に繋がってくると、最悪の場合は離婚もあり得ます。何らかの対策を打って、最低でも月に一度はセックスをするという習慣を維持したいものです。

もちろん女性の機能低下もまた、軽視できた問題ではありません。更年期が近付くとホルモンバランスが乱れて、濡れにくくなるのはごく一般的な現象です。

そもそも女性の場合はそのときの気分や相手への感情によって濡れやすさは大きく異なるので、決して愛液が出ないからといって焦る必要はありません。

しかし、それによってセックスがただの苦痛となり、レスの原因となっているようであれば、何らかの対策を取るべきでしょう。

機能低下を吹き飛ばすセックスレス対策とは

男性の機能低下には、勃起不全治療薬という究極の手段があります。バイアグラ、レビトラといった薬ですね。しかし、これに安易に頼るのも考えものです。

そもそもこれらは もともとは狭心症の薬として開発されたもので、勃起改善効果はありますが、精力回復を目的とするものではありません。

服用して性的な刺激に敏感になるという作用は、実は副次的なものだったのです。さらに、医薬品であることや充血や頭痛といった副作用もあり、危険性はゼロではありません。

もちろん最後の方法としてED治療薬の使用を考えるのはアリでしょうが、その他にも天然成分ベースの精力剤などで、性欲を含む精力増強対策をするという手段もあります。

いわゆる『精力剤』を使うという事。たとえばクラボワスカという天然成分入りの「ギムリス」やヴィトックスαなどの商品は評価が高く、たいへん使いやすいようです。

もちろん、精力剤で急場しのぎを行うのも良いですが、できることなら「なぜ勃起がしにくくなっているのか」という原因に着目した対策も同時に行うべきでしょう。

最近暴飲暴食気味になっていると思うなら、当然、食生活を見直すべきです。

精神的なストレスが募っているならば、パートナーと共に温泉旅行にでも出かければ、心も癒されるでしょう。あるいはその晩は、普段の緊張から解き放たれて、健やかな勃起が手に入るかもしれません。

男性の場合もそうですが、性器が勃起したり濡れたりするというのは、その内側で血流が盛んになっているからです。バイアグラやラブグラといった薬も、実は血行を促進させるための薬です。

つまり、女性が濡れにくいという問題も、結局は「血流改善がすべて」と考えればシンプルです。

あるいは今、濡れにくいという悩みを抱えている女性は、末端の冷え症も出ている状態ではないでしょうか? それはまさしく、血流が悪くなっている証拠です。

できることなら毎日運動の習慣をつけて、身体を内側から温めましょう。

最近流行のヨガやピラティスを通し、股関節のストレッチを行うのも効果的です。そして、水分代謝を良くするために(つまりはむくみ、冷えを除去するために)、カリウムのサプリメントなどを摂ることができれば理想的です。

しかし、当然それだけでは「濡れやすい」という状態が整ったにすぎません。性的接触の際に充分な前戯がなければ中年期からのセックスは、特に女性にとっては潤滑液が不足して辛いものになります。そのあたりはお互いに協力して、解決していくべきでしょう。

身体的な機能低下は、認めるのも辛いかもしれません。セックスのときに自分が「もう若くない」という事実を突きつけられるのは、誰にとっても酷なことです。しかし、そこに早い段階で気付けばこそ、最終的に夫婦間のセックスレスを未然に防ぐことができます。

老化は人間にとって自然なことですが、夫婦という男女関係を維持するためには、彼に伴う機能低下にも、できる限りの対策を打って、抗ってみるべきでしょう。

疲れているが圧倒的。過労はレスの主な原因

セックスレスの原因は、実に様々です。夫婦の数だけ、「だからしたくないんだ」という理由があると考えてもいいでしょう。

しかし、とはいえレスの原因もある程度はパターン化されています。中でももっとも多いのは、おそらく「疲れ」によるものではないでしょうか?

「セックスするくらいの時間があるならば、五分でもいいから長く寝たい…」

とりわけ仕事でヘトヘトに疲れている男性には、そのように考える人も多いはずです。

プライオリティとしては、「セックス<休養」でよい

毎日決まった時間に出社して、夜遅くまで会社で馬車馬のように働かされて、家に帰ってきても元気で文句の一つも言わない。

そんな完璧な人間は、男女共に絶対的に少ないものです。

人間はすべて、物事に優先順位をつけて生活しています。おそらく、休養よりもセックスを優先できるという人は、そう多くもないはず。

仕事をしなければ、そもそも生活を続けることもできません。「仕事>セックス」という順序がつくのは、致し方ないことです。

むしろ、セックスばかりして、働かないというパートナーの方が、よほど問題ですよね。

仕事は旦那に任せきりで、自分は家事専門という専業主婦の方には、あまりピンと来ないかもしれませんが、そこは理解してあげてほしいものです。

逆もしかりで、専業主婦の妻を持つ男性も、家事の大変さをしっかりと理解し、妻を労る気持ちが大切です。

そうでなければ「夫婦なのにセックスがないのはおかしい!」というのは、お互いただのワガママに過ぎません。

「疲れているのはわかるけれど、なんとかセックスできないものか」という前提に立って対策を考えるべきでしょう。

それと、肉体労働よりも、デスクワークの方が精神疲労も多く、疲れが溜まりやすいとも言われます。あなたのパートナーはデスクワーカーでしょうか。

もしそうだとしたら、かなりのストレスを抱え込んでいるかもしれませんので、率先して心のケアにまわってみてはいかがでしょう。

生活の中の「要素」を減らして時間を作ろう

一般的に人の生活は、「仕事」だけではありません。確かに仕事に圧倒的に忙殺されている人が多いのは事実でしょうが、それ以外にも生活の中には多くの要素があるはずです。

たとえば、食事や入浴、ちょっとした休憩の時間。テレビや漫画などに触れて心をオフにしている時間。などなど、そういった時間を少し削って、セックスの時間を生み出すことも可能でしょう。

もっとも簡単に削ることができる時間は、おそらく「食事」ではないでしょうか?

パートナーが帰ってきてから食事の用意をして、その後でお風呂に入って…というサイクルになっていると、どうしても夜、夫婦の時間を取ることはできません。

家庭に入っている方が食事はすでに準備しておいて、入浴まで済ませておけば、時間を生むことはできます。

あるいは、たまには外食にでも行けば余暇を作ることはできます。さり気なく冷蔵庫に精力剤なんかを入れておくというのも、良い「ほのめかし」になりますね。

「仕事で忙しい」というのは、確かに1つの言い訳かもしれません。

しかし、それを「勝手な言い分だ」と考えて自分は安全圏から非難だけするというのも、パートナーの態度としていかがなものでしょうか?

セックスするための時間は、何より二人で生み出さなければなりません。

時間さえ作れば疲れていてもセックスはできる!

「きっと私がどれだけ工夫しても、旦那はセックスには応じてくれないはず」

そんな風に考えている女性も多いかもしれません。確かにそういうこともあるでしょう。

しかし、男性にとって性欲の解消は、非常に大きな問題です。時間さえ作ることができればなんとかセックスをしたい、愛する人と触れ合いたいと考えている男性も多いはず。

ただ、たとえば食事の時短を行うことによって得た時間が1時間程度ならば、疲れた人ならば最初のうちはそれを休養に使いたいと考えるでしょう。よって、いきなり「セックスがしたい」と率直に迫って、相手にプレッシャーを与えるというのは考え物です。

少しずつ毎日の生活に時間的余裕が生まれてくると、たとえば週末には、「特に寝だめする必要もない」という状態ができてくるはずです。

よって、夫婦の時間を持つならば、金曜日や土曜日の夜がゴールデンタイムです。そこでさり気なくパートナーに密着すれば、相手もあなたの意思を感じてくれるはず。

脱線しますが、男性は疲れているときほど「バテマラ」「疲れマラ」といって、無性に性欲が高まる事もあります。

そのときには手っ取り早く精液だけ放ちたいという気分になるもので、とても愛あるセックスを楽しめるという余裕はないかもしれませんが、夫婦間の肉体的接触を失いたくないならば、あえて疲れて帰ってきたパートナーに触れてあげるということも1つの方法かもしれません。

「疲れ」を言い訳にさせない自分磨きを

疲れているパートナーをその気にさせるためには、時間作りも大事ではありますが、何よりパートナーとしての女性らしさ(あるいは男性らしさ)を失わないように、自分磨きを続けることも大事です。

夫婦になって長い時間も経つと、ムダ毛処理を怠ったり、体臭のケアがいい加減になったりと、スキが出てしまいがちです。

いざ、そのときになって、「なんでこいつはこんなに臭いんだよ…」と幻滅されないように、常に最低限の「美」には気を遣うべきでしょう。

性欲の減衰〜若いカップルにも忍び寄るセックスレス

最近は男性が「草食化」しているという話もよく耳にします。

「草食系男子なんて、またテレビとか雑誌みたいなメディアが作った適当な言葉でしょ」

なんて思っていたはずが、春に入ってきた新入社員がまさにそのタイプで――と、実感を伴い「草食化」を目の当たりにしたという人も増えているのではないでしょうか? 

草食系の男性たちの特徴として、「セックスにも消極的」という点があります。そのようなパートナーを持つ女性たちから、「満たされない」という声もしばしば聞こえてきます。

また、SNSやスマホの普及により、不倫などの色恋沙汰が取り沙汰される昨今は、恋愛自体が面倒なもの、セックスもしかりという風潮すらあるように感じます。

女性が男性化しているという説も~そしてレスに

もちろん男性が草食化(=女性化)しているというのも、1つの事実でしょう。

しかし、この傾向は女性の社会進出が進む中で生まれてきた現象です。最近では、「可愛い系男子」という派生種まで生まれているように、一部では男女の性が精神的に入れ替わってきたような構図が見られます。それはもちろん、女性が男性化しているという意味でもあります。

デートする場所も、食事をするレストランも、週末のプランはすべて女性が決めるというカップルも増えてきているようです。そのような状態では、男性も「したい」という気持ちはあってもなかなかセックスに誘えず、仮に女性からアプローチを受けたとしても、いざホテルに入ると萎縮してしまって「下が反応しない」という事態も発生しがちです。

男女の精神性が逆転していることは、確かなレスの原因として考えられるでしょう。

若いカップルは「友達」「姉弟」関係になりがち

さらにもう一点。

若いカップル同士の付き合いは、きわめて閉鎖的です。二人ともまだ社会のこともよく知らず、そして、知ろうとする意志もなく、既存の「共通の話題」「共通の趣味」の中だけで自足していると、「男女関係」はすぐに「友達関係」、あるいは「姉弟関係」に変化します。

私たちは一般的に友達や姉弟に対して性的な欲望を持つことはできないものです。男性がマウントしたいと攻撃本能を燃やし、女性も「抱かれたい」というある種の被虐願望を持つのは、それが相手に多少なりとも未知な部分がある他人だから。

「もうこの人のことは一から十まで知り尽くしている」というパートナーには、性欲も、興味も薄れていくものです。

若い世代のレスはどうやって解消する?

いい若い男女が家にこもりきりで会話もせずに、もちろん肉体を触れあわせることもなく、一方が漫画を読んで、一方がスマホをえんえんといじっている――なんとも不健全な光景です。しかし、「一日中そんな感じ」という同棲中のカップルも実際少なくないでしょう。

ある調査によると、20代~30代の若い女性でも、約32%が、セックスレスを経験しているようです。付き合って2年、同棲して1年、それくらいのタイミングから、徐々に肉体的な接触が少なくなるご様子。

まだ結婚もする前からその調子では、夫婦生活が思いやられます。

では、どのようにして若い世代のレスを解消すれば良いのか。もちろん、「なぜセックスレスに陥っているか」という細かな原因を見つめて、それに応じた対策が必要となります。

おそらくもっとも多いのは、上でも触れた通り、「男性が女性化している」という現象によるものでしょう。

このケースでは、まず、男性が「男としての自信」を身に付ける必要があります。仕事での成功体験を得ることもそうでしょうが、それはパートナーである女性も関与できない部分なので、交際相手としてあなたができることを考えてみましょう。

たとえば、重いものを持ってくれたときに、「すごく嬉しい。ありがとう」と言う。高いものを取ってくれたときに、「男らしいね」などと、さり気なく言葉で男ぶりを讃えて上げましょう。

デートプランをすべて彼に委ねた日には、「今日はすごく楽しかった」と言うのも基本ですね。

また、過去のセックスの失敗体験、あるいはペニスのサイズなどから、セックスに対して積極的になれないという男性も多いと言います。

その場合には、もしかしたら、気遣い程度の「演技」も重要かもしれません。「今までで一番気持ちよかったよ」という嘘には、まるで罪もありませんし、今後の彼のためにもなります。

サイズに関して恥じらいを感じている男性には、「こんなの使ってみたら?」と精力系サプリを勧めてあげるというのも、良い方法かもしれません。

では、男女の関係が「友達化」もしくは「姉弟化」している場合にはどうでしょうか。

やはり愛するパートナーとのただの慣れ合いの関係にならないためには、若いカップルの間にも常に新たな刺激と興奮が必要です。そういった意味ではセックスに趣向を凝らすことも大事ですし、「あえて相手に触れない」という期間を作るのも1つの方法でしょう。

「大丈夫、大丈夫♪ 今はたまたまセックスしていないだけ」

笑ってそう言えるのは若いうちだけです。

もしあなたが今のパートナーといずれ夫婦になるつもりならば、いずれレスの問題は、より深刻化して二人の未来に影を落とすことにもなりかねないので、くれぐれもご用心を。