「女」を忘れない事で美しさを保ちセックスを継続できる

「女」を忘れない事で美しさを保ちセックスを継続できる

結婚は女性の心に安定をもたらします。人生における一つの達成とも言っていいでしょう。

そして子どもも生まれれば、「私も女として一応、やるべきことは一応やった」という風に思うはずです。

しかし、そういった安心が心と体を老け込ませることもあります。もう男性を意識することもないからと「女磨き」を怠り、女性らしさが日々損なわれていけば、いずれ夫であるパートナーもまた、あなたを異性として見てくれなくなるかもしれません。

夫婦になっても「女」を忘れない

結婚してから、自分が女として衰えていることを自覚している人も実は多いはずです。

しかし、自分に言い訳して、老化・劣化を見て見ないふりをすることも簡単です。

「もう子どももいるし、忙しいんだから、女らしくなくなっても多少は仕方ない」
「妻の仕事は、夫の世話をすること。自分のことは二の次、三の次」
「専業主婦だし、外に出ることもあまりないから…」
「私は元から綺麗というわけでもないし、それでも結婚できたのだからそれで上等」
「出産後に体型も崩れた。自然なことだから、受け入れるしかない」

などなど。どれももっともらしい、「サボリ」の理由にはなります。もちろん、現実的に結婚前ほど身だしなみにも自分磨きにも時間やお金を掛けられないという面はあるでしょう。しかし、「最低限」も維持できなくなると、それは夫にとっても恥ずかしいことです。「こんなにだらしない女と一緒に外を歩きたくない」と思われてもいいのでしょうか?

夫婦として社会参加して、家族ぐるみでよその家庭と付き合い、子育てに関していろいろと情報を交換して――そのような健全な生活を送っていくためにも、妻であり、そして母である女性にも女磨きは必須です。

結婚した女性にとって、もっとも身近で重要な社会とは家庭でしょう。しかし、もちろん外にはそれ以外にも様々な社会が展開しています。

そのどこに行っても「ここではあなたを受け入れません」というような通告を受けないためにも、まずは身だしなみから自分を見直してみましょう。

買い物に行くときにも、まさかジャージにサンダルではだめ。いわゆる「干物」にならないように、まずは最低限のレベルから自分を戒めていくべきです。

結婚してからの女磨きとは

独身の頃は「早く結婚したい」「子どもも欲しい」「将来のことはまだ考えなくていいけれど、一緒にいて楽しいパートナーが欲しい」という健全な欲求を持ち、見た目に気を遣うのが一般的な女性というものです。

常にファッションも流行を追いかけ、美容外科で脱毛して、合コンにも積極的に顔を出し、女磨きに精を出していた時期のことを思い出してみてください。

いろいろと気を張って無理をしていた記憶はあっても、それも通り過ぎた今では、「いい思い出」になっているのではないでしょうか。夫婦生活を営む中で、結婚前と同じようにアレもしてコレもして、というのは無理があります。

しかし、せっかくなら過去の経験は生かすべきでしょう。かつてオシャレに、男ウケに右往左往した分、その「要所」は掴めているはず。自分をよく見せる方法を、今一度考えて部分的に実践してみましょう。それで外見は、ひとまず問題ないレベルに取り繕えます。

それだけでも、最近ぴくりともセックスに対する意欲を見せなかったパートナーの反応も変わってきます。それまで1カ月に1回だったのが、2週間に1回になり、1週間に1回にとどんどん間隔も短くなっていけば、それは女磨きの方向性として間違っていないという証明です。

性的な接触で得られる快感を自分への「ご褒美」として考えれば、それがモチベーションになります。「まだまだ私、イケるかも」と思えば、少しずつ生活も輝いてくるはずです。

「他の男に取られるかもしれない」という危機感を与えよう

「だらしない妻」から一転、身だしなみも整えて恋人時代のように美しくなった妻に、旦那様も胸をときめかせます。

しかし、そのような興奮は持続するものではありませんので、常に「今以上」のレベルを狙ってステップアップしていかなければならないでしょう。

無理をして、美しくなる必要はありません。でも、その美しくなろうという努力が大切。

ここはもう、パートナーのためだけではなく、もしかしたら素敵な人があらわれるかもという期待を持って努力してみては。

男性は本質的に、独占欲が強い生き物です。征服願望、のようなものがあります。つまり「このままでは別の男に取られてしまうかもしれない」という焦りが出てくれば、具体的な形でより強くあなたを求めるようになるものです。

たとえば「家事もパーフェクトにこなす」「次々と新しい趣味を見つけて、外に世界に飛び出していく」「身なりもどんどんきれいになり、話題も増える」――妻がそのように変身していくと、パートナーも気が気でありません。

あるいは、「俺自身、この女に負けないように変わらなくては」と、あなたに倣って「男磨き」を始めるかもしれません。

女性が結婚しても女磨きを忘れてはならない本当の理由は、そこにあります。常にお互いに男であり、女であるために、家庭に良い緊張感をもたらせるよう努力してみましょう。

女性の体型変化に幻滅する男は多いのが現実

年を取れば誰でも体型に変化は生じます。

とりわけ「出産」という一大事を経た女性の身体は、よほど繊細な注意を払ったとしても、完全に前までと同じとはいかないでしょう。

しかし、産後太りでブクブクと醜い体型に変化したりと、崩れた体型をそのまま放置するというのも、だらしないことかもしれません。

そんなあなたにパートナーが幻滅して、「別の人を探すか」となったら、それは100%完全に、男性側の非といえるでしょうか。

体型ごときで浮気するなんて、男の甲斐性がなすぎなのよ!と憤慨する前に、一度冷静になって下さい。

もちろん「浮気」は極端な例ですが、体型の変化によって彼に幻滅され、セックスレスの状態になれば、具体的な対処が必要です。

体型の維持にはサプリの使用も検討

年を取るにつれて、体型は少しずつ変わっていきます。そこへ肥満とダイエットの連続による肉体的な負荷が加わり、さらに出産なども経験すれば、鏡を見るたびにため息をついて、「いつの間にこんなことに…」と悲嘆にくれる女性も決して少なくはないでしょう。

今はまだ若く、新婚で、セックスレスなんてどこ吹く風という女性も、明日は我が身と心得ましょう。

当然のことですが、後から体型が崩れてくる可能性は誰にでもあります。そして体型が変化してから、それを「戻して維持する」よりは、若く理想的なプロポーションにあるその状態を、なるべく「現状維持する」ことの方がずっとシンプルで簡単です。

ただ、そのスタイルを維持するための方法については、すでに語り尽くされている感もあります。いわゆる規則的な生活習慣と、適度な運動。そして暴飲暴食を防ぐ、という、実に画一的なもの。最近はヨガとかピラティスといった運動も出てきてはいますが、要するに以前から「これがいいですよ」と言われていることが見た目を変えているだけです。

「そんな理想的な生活ができれば苦労はない!」

ダイエットであり、プロポーション維持にアレコレ奮闘している女性にすれば、今さら聞かされると、そのように頭に来るでしょう。ここは、考え方を変えるしかありません。

やはり、多少の出費はあっても、体型維持に良いとされるサプリを飲む方が効率的です。

たとえば「ハニーココ」は、最近世間的に注目されているアイテムです。プエラリア・ミニフィリカ、そして大豆イソフラボンを主な成分とした美容サプリで、胸が膨らむという声もあれば、萎びていた肌にハリが出たというユーザーからの反応も上がっています。

人気の秘密は、有効成分が身体に即吸収されることにあるようです。あまり耳慣れない成分を配合して、「これが体型維持にいいんですよ!」と謳うサプリは掃いて捨てるほどありますが、その「吸収率」について語っている商品はあまり多くはありません。あるいはそれが、今大人気の「ハニーココ」というアイテムの最大の長所ではないでしょうか?

もちろん、効果に個人差はあります。しかし、大事なのは「考え方を変える」ということにあります。プロポーション維持のためにアレもしてコレもして…と心を圧迫されることなく、とりあえず「サプリに任せてみよう」と思えば、多少は切迫した気分も和らぐはずです。

パートナーにとってもあなたがそうして余裕を持って生活してくれている方がずっと嬉しいはず。レス解消のために、サプリは間接的な「ムード作り」さえ担うかもしれません。

加齢と共に垂れるバストには専門的なケアを

年を重ねて如実に変わってくるのが、バストのハリです。特にお胸が豊かな方には、「将来大丈夫かな」という不安もあることでしょう。その答えは、「大丈夫じゃない!」。何もしなければ、重力に逆らうことはできず、いつかその胸は垂れ流れていく宿命にあります。

今から将来の垂れ対策をしておきましょう。「Viageビューティーナイトブラ」は、その大きな助けとなるはずです。

「締め付けが気になるし、ナイトブラはやだ」という方も、このアイテムなら違和感もなく着用できるはず。絶妙な着圧で、きつくもなく、ゆるすぎもせず、それでいて胸部周りの脂肪を上へ上へとリフトして、より豊かで整った「お椀型」の胸を成形します。

産後の体型維持は「骨盤矯正」から始める

最後に、産後の体形変化についての対策を考えてみましょう。

出産前から女性の身体には、スムーズな出産を実現するために骨盤を緩めるホルモンが分泌されると言います。

それは産後しばらく体内に残ったままになっているので、実は出産後は骨盤の可塑性も高く、実に「骨盤矯正がしやすい時期」であることは間違いのない事実! 

反対に放っておくと徐々に歪んでいって固まり、致命的な「体型崩れ」を招きます。

多くの整骨院、整体院では骨盤矯正を施術メニューとして盛り込み、産後間もないママに美しい姿勢を維持するための指導も行っています。

その際に、出産や子育ての悩みを話し合えるママ友と出会えるかもしれません。

骨盤矯正によって背筋が真っ直ぐに伸びると血液の循環も良くなり、むくみや部分肥満も解消されると言います。いいこと尽くしの骨盤矯正、やるなら今しかありません。

SEXで心も気持ちも若返る。心の老化が一番ダメ

セックスは若い男女だけの楽しみ、と考える向きもあるかもしれません。

確かにセックスは体力仕事ですし、年を取ってからの行為は、それ以外にも多方面に忙しい夫婦にとって若いときほどうまくいくことでもないでしょう。

しかし、「もう自分たちも若くないのだから」と言い訳してセックスをサボるようになると心まで老け込んでしまいます。そうなると、負の連鎖です。「もう若くないのだから」、服装にも気を遣わなくなり、遊びにも消極的になり、毎日判で捺したような生活を続ける――セックスレスはそのように、精神的な老化まで招くのです。

セックスレスと心の老化

老化を受け入れるのは、辛いことです。特に性的な機能には年齢の影響がはっきりと現れます。男性の場合は、多くの場合乱れてくる生活習慣によってEDなどの現象も現れてきますし、女性も更年期に入れば性ホルモンのバランスの影響で、セックスの際の分泌液が出にくいなどの問題が出てきます。

開き直って、「俺ももうおっさんだから」、「私だってもうおばさんだもん」と考えると、むしろラクになるかもしれません。そのように自己評価を下げれば、アレコレとアンチエイジングにいそしむ必要もなくなりますからね…。

セックスがうまくいかなくなる、あるいはその頻度が少なくなる。それを「老化現象」としてとらえるのは簡単です。しかし、ちょっとした工夫で性生活は変えられるのに、「おじさんだから」「おばさんだから」とあきらめてしまうのは、思考停止というものです。

実年齢にとらわれない生き方を考える

今は実年齢の他にも「**年齢」ということがよく言われています。

見た目年齢、肌年齢、肺年齢、などなど。そこに一つ、「セックス年齢」というものを導入してみてはいかがでしょうか? 実年齢とセックス年齢を、分けて考えるのです。

たとえば実年齢が50歳であっても、性欲はあるし、パートナーの合意さえあればもっと楽しみたいと思っている。そんな正直な心境があるなら、それは男女共にセックス年齢はマイナス10歳程度と考えてもいいでしょう。40歳! まだあきらめる年ではありません。

現代は医学も進歩していて、前時代を比べるとはるかに高度な医療を受けられるようになり、また食べ物もよくなっています。「実年齢」というものを、さほど重く考える必要はありません。実際に70代のおじいさん、おばあさんでも、若者に負けない活力で人生を謳歌している人はいくらでもいます。

自分のセックス年齢を正しく見積もり、あきらめずにトライし続ければ、それは気持ちにもハリを生むでしょう。それはまさしく、「精神年齢」を若く保つことにも繋がります。

若々しくあるためのSEXを

セックスレスが心の老化を招くというのは、すでにこれまで述べた通りです。

しかしこれは逆に言えば、心の老化は、セックスの習慣さえ失わなければ、夫婦で互いに防げるという意味でもあります。

「いつまでも若々しくありたい!」、これは女性のみならず、男性にとっても大きな願いでしょう。そのために世間には、様々なプログラムも準備されています。ヨガやピラティスや、その他、美容整形外科で受けられるあらゆる施術。しかし、そういったすべてに積極的に取り込み、それでもなお、「何か足りない」と思うなら、その欠落の正体とは間違いなくセックスでしょう。

どれだけ「見た目年齢」を取り繕っても、パーフェクトに仕上げた外見を「使う」機会がなければ、やはり虚しさしか残りません。セックスは、日頃のアンチエイジングの成果を具体的に試す機会でもあるのです。

真にいつまでも若々しい肉体と心をキープするためには、自己満足に終わらない「自分磨き」の一環として、セックスを取り入れなければなりません。

<相互努力で性生活も欠かさない熟年期を>

と、ここまで、「心の老化を防ぐにはセックスがベスト」という事実について見てきたわけですが、ここに一つ、大きな問題があります。それは、セックスはそもそも、相手がいなければできないことで、そして、相手の合意がなければできない行為だということです。

すなわち、心の老化を防ぐために本当に大事なのは、その初歩的なところでは、パートナーに対しての接し方なのかもしれません。倦怠感が充満する夫婦生活でも、会話を欠かさない、そしてスキンシップを欠かさない、そんな心がけは簡単なことではないでしょう。

しかし日本はそもそも、性生活に対しての満足度が他国と比べて異様に低い国です。すなわち、一般的にあなたが「したい」「足りない」と思っている場合には、そのパートナーもまた、同様の満たされなさを感じているに違いありません。

あまり相手の顔色を窺いすぎても、ためらってしまうばかりです。たまには自分から距離を詰めて、「したい」という気持ちを伝える。そのような積極的なアプローチもまた、それ自体、精神的な年齢を老け込ませないための取り組みともなるでしょう。

増加する熟年離婚とレス問題〜年を取っても本当は「したい」

「熟年離婚が増加している」という話は、最近、世間でよく聞かれる話。

子育ても終えて、親の介護も終わって、人生の終わりが見えてくると、もうしがらみしかないような夫婦関係にとらわれずに、自由に生きたいと考える人が多くなるのも不自然なことではないでしょう。

しかし、表向きの理由としてはそんなものでも、実際には、少なからず「もっと奔放に性を楽しみたい」という望みを隠し持った方もいると思われます。

年老いてもセックスへの意欲は消えない

一般的に「熟年」と言われる60代の男女が、月にどれだけセックスしているかご存じでしょうか? 

その回数は、コンドームのメーカー、相模ゴム工業の調査によると平均すると実に1回以下です。ちなみに、全年代の平均でも、なんとたったの2.1回だとか。

もちろん、年を取ると若い頃よりセックスがうまくいかなくなることも確かでしょう。男性の場合は生活習慣病の一環としてEDという症状も少なからず出てきますし、女性も一般的には膣が濡れにくくなり、「挿入」という行為が男女ともに難しくなってきます。

しかしそれがすなわち、よく世間で言われているような、「年を取ると性欲が薄くなる」という話には直結しません。むしろ、セックスがうまくいかないもどかしさこそが若い頃と違った焦燥感を生み、異性の身体への餓えに繋がることもあるでしょう。

実はこの国でもっとも満たされない性欲を溜めこんでいるのは、熟年世代なのかも――?

セックスにリタイアはなし

最近は日本も「お年寄りが元気だ」と言われます。若者顔負けの体力で山に登ったり、バイクに乗ったり、バンド活動をしてみたり…。

一昔前の「お年寄りは静かなもの」というイメージは、少なくとも現代の60代には当てはまらないものとなってきています。

その理由として考えられるのは、現代日本社会の豊かさでしょう。食べ物もよくなり、医療技術も進んで、平均寿命もだんだんと延びています。

仕事では思うような力を発揮できなくなっても、今の60代は、まだまだ体力的な「リタイア」とは言い切れません。

そして体力の続く限り、性的な欲望も消えてなくなることはありません。男性にはとりわけ、「あわよくば若い子とも」という望みを抱えた方もいれば、もちろん女性にもまた、「まだまだ私も」と感じている方も多いでしょう。

その気持ちが夫婦間で共有された場合には、セックスレスは通常起こり得ません。しかし多くの場合は、「したいと思ってるのは自分だけなんだろう」という思いこみや、「何を今さら」という気恥ずかしさもあり、お互いの性欲の問題から目をそらしてしまいます。

熟年離婚の前にもう一度パートナーと

女性は割と平然に前を向くことができても、男性にとって熟年離婚は、非常に手痛い衝撃を心にもたらすと言います。

別れてしばらくしてから、寂しさのために未練がましいメールを送ってしまう男性も多いとか。

あるいは、街で見かけた若い女性に岡惚れして、年甲斐もなく執拗なアプローチを繰り返し、挙句「ストーカー事案」にまで発展したという話も、最近のニュースでは実によく聞かれるトピックスです。

表向きは「第二の人生のため」という理由でも、本当には性的な満たされなさによる離婚を考えている場合には、もう一度、本当にすぐそばにいるパートナーとの夜の時間を取り戻せないものか、じっくり考えてみましょう。

「もっとしたいと思っているのは、たぶん自分だけだ」という思いは捨ててください。男女共に、性欲は常にあります。それは年齢と関係のない、「人体の摂理」なのですから。

熟年夫婦のセックスの考え方

ある程度年を重ねると、セックスにおいて「挿入」が難しくなるというのは、上でも触れた通りです。それならば、「挿入」にとらわれない性的な接触の方法を考えましょう。

性行為とは、決して性器の触れ合いだけではありません。軽いキスも、身体を愛撫することも、フェラチオやクンニリングスもまた、セックスの一部です。その流れの中で、多くの言葉を交わすことも、夫婦として重要なコミュニケーションとなるでしょう。

そのような「挿入」にとらわれない接触を繰り返すことで、いずれタイミングが合い、お互いを受け入れられる日も来るかもしれません。

特に、ある時期からまったくセックスをしなくなっていたという夫婦は、そのような自然なチャンスの到来を待ちましょう。10年も20年も間隔が空けば、男女共にパートナーの身体も変化していて当然なのですから。

安易なED治療薬の使用はおすすめできません。60代以上ともなれば、バイアグラやレビトラといった副作用で身体に負担をかける薬は、使用法によっては最悪の事態も招きかねません。

何かの力を頼るとすれば、医薬品不使用の精力剤がベターでしょう。それも医薬成分がない、あるいは少ない精力剤ならば、肉体への負担も少なく、副作用も感じずに使用できます。