晩婚化とセックスレスにおける3つの問題点とマンネリ対策

晩婚化とセックスレスにおける3つの問題点とマンネリ対策

近年、日本では晩婚化が進んでいるといわれていますよね。

女性の初婚年齢は、以前と同じように25歳~30歳までがピークということですが、いわゆる「アラサー」以降の31歳~40歳で結婚する人の数も確実に増えているのが近頃の結婚事情のようです。

もちろん、晩婚自体は何も問題ありません。

「この人となら」という相手と巡り合ったときに、各自が好きなタイミングで結婚するのが、もっとも自然ですし、好ましい事ですよね。

ただし、晩婚が問題となるのは、晩婚化によって、男性も女性も生殖能力が衰え、それがセックスレスを引き起こして、さらに少子化という問題に繋がっていくという負の側面なのです。

実際そのような問題を直視することは少ないので、あまり意識はしないのかもしれませんが、実際に晩婚化によって引き起こされるレスの問題は深刻だと言われています。

晩婚化とセックスレスの関係

特に40歳も近くになって結婚したという夫婦には、セックスレスで悩んでいる男女が多いようです。

男女共にそれくらいの年齢になると、若い頃と同じように性欲もいつでも旺盛というわけにもいきません。

男性の性欲と女性の性欲のピークの不一致などもあり、その日の気分によって、まるでセックスしたいと思えない日もあることでしょう。あるいは二人の気持ちが一致するタイミングの方が稀かもしれませんね。

そしてやはり、体力低下はその大きな要因の一つになってきます。

セックスはなんといっても体力仕事ですから、行為をするための体力がなければ、そもそも相手が「欲しい」とも思わないはずです。40歳といえば特に男性は多忙な時期。仕事帰りにはヘトヘトで、寝る前のセックスは苦行に感じられることも多いはずです。

そして女性にとっても、40歳といえば少しずつ身体に異変が表れてくる時期です。
まだ本格的な更年期というには早いですが、この頃からホルモンバランスの乱れによる気分障害や性欲のムラ、潤滑液不足といったトラブルに悩まされる人も出てきます。

にもかかわらず、40代といえば女性にとって、出産できる年齢の「上限」とも言われるステージです。そのような辛さを抱えながらタイミング法などの義務的なセックスに気を張っていると、心身ともに疲れ果てて、パートナーに対する嫌悪感が生まれることも…。

男女共に、中年期とは、公私両面で大変な事が多い期間なんですね。

そして、そこへセックスレスという問題まで加わると、さらに大変なことになってしまうのです。

夫婦間の肉体的な接触の機会が減り、やがては会話もなくなると、ただパートナーが同じ空間にいるだけで苦痛という状態になってきます。果てに待ち受けているのは、離婚…なんてことにもつながりかねません。

晩婚夫婦のセックスレス対策とは

この世の晩婚夫婦のすべてがセックスレスというわけではありません。
中には毎日、とは言わずとも毎週、最低でも月に一回はベッドを共にするという男女も、当然存在します。

つまり、セックスレスに至っている晩婚夫婦には、必ず何か、その理由があるのです。

それら原因のパターン別に、対策を考えてみましょう。

男女の機能低下が問題となっている場合

加齢による性機能低下は、セックスをしたいという願望とは裏腹に主なレスの原因となってしまいます。

しかし、男性の場合は精力剤を使用するなど、最近ではある程度ケアによって、精力を取り戻す事も可能になっているようです。
精力剤の仕組みとしては身体の血流を良くして、そしてアルギニンで精液の量を増やすというものが一般的で、まるで肉体に不自然な負荷をかけるものではありません。

バイアグラなどの医薬品と違い安全で、精力剤の力を借りて行うセックスには、精液の量が増えるために大きな快感も伴います。

また女性の機能低下の原因は、血流悪化によるものが原因の場合が多いと言われています。

血流の滞りは、濡れや性感の低下を引き起こす厄介者なのです。

例えば女性器が濡れてくるのは、その下で血流が盛んになることで起きるのですが、
血の流れが悪ければ、セックスの際の「性感」に大きく影響してきます。

冷えやむくみなどのサインが出ていれば、それは血行が悪化しているサイン。
毎日の運動、あるいは食生活の改善などで対策をとってみましょう。

子作りに焦った結果、逆にレスとなりかけている場合

セックスは確かに生殖行為で、何より子どもを作るためにするべき行為です。
宗教的にもそういった理由から避妊を禁じている宗派もあります。

しかし、子をなすための義務的なセックスは気持ちに負担がかかります。とりわけ40代も迫った女性にとっては、焦りもあって、セックスを楽しむことなどできないでしょう。

ただ、何度も何度も身体を重ねれば授かることができるかといえば、そんな単純なことでもありません。
また現在は不妊治療も高度に発展しています。

その傍らで、あくまでセックスは夫婦の気持ちの一致のもと、自然に行うようにすれば、レスも避けられるでしょう。

お互いのすれ違いのためにレスとなっている場合

仕事で忙しい、あるいは、子育てで忙しいためにセックスレスになっているという場合には、比較的改善は簡単です。
前もって計画して、お互いの時間を確保すればいいだけのこと! 

ただし、最初からセックスを予定に入れたプランにしておくと、後からその「義務感」が辛くなり、二人の時間を楽しめなくなる可能性もあります。

あくまで名目は「温泉旅行」であり、「久々のデート」ということにしておきましょう。

必ずセックスをしなければいけない、という意識から自由になって、思いきり楽しんでください。
その中で自然にスキンシップが生まれ、セックスへと至れば、それがベストです。

現在は女性の社会進出も進み、晩婚化はごく自然な現象となっています。

しかしながらその陰で性欲を溜めこむことのないように、パートナーとの時間もおろそかにしてはならないのですね。

あってはならない夫婦生活における「義務」感

SEX:セックスは「性」という枠を超えて、一つを共有する男女のコミュニケーションとも言えるでしょう。

肉体的な接触がなくても愛情を感じることができる人もいますし、セックスは決して夫婦間の「義務」でも無いのです。

しかし、世間には「夫婦はセックスするもの」で、そして、「子どもをなすもの」という悪しき「常識」が定着しています。
そういった外圧が苦痛で、セックスレスになってしまう夫婦もいるのではないでしょうか?

マンネリHが招いたレスを解決する具体的な方法

セックスには「四十八手」という体位のレパートリーもあり、その楽しみ方はいくらでもあるように思えますが、実際にはそこまで多くのプレイができるカップルはいないでしょう。
コスプレやシチュエーションプレイをまじえて変化をつけようとしても、毎回新鮮なセックスを楽しめる人は稀だと思われます。

それにくわえて相手がずっと同じパートナーということならば、やはりマンネリ化は避けられません。「もうこの人とのセックスには飽き飽き」という気分のためにレスになっている夫婦も多いのではないでしょうか?

試せることはすべて試した?

まず、長期間にわたる夫婦関係の中でセックスに食傷してしまったという夫婦に、問いかけたいことがあります。

「本当に試せることはすべて試してみましたか?」と。

最初にも触れたように、セックスのレパートリーにも実にいろいろなものがあります。

体位、状況、服装、SとMなどなど、様々な要素を組み合わせれば、それこそ無限の可能性が広がっているといってもいいでしょう。

といって、実際に試せるプレイは有限でしょうが、それでも、ただ月並みな正常位での反復で、セックスのすべてを知ったつもりになってはなりません。

生々しい話ですが、アナルセックスなどもあるのです。アブノーマルに感じるかもしれませんが、新たな発見がある性技を見つける事が大事です。

すべてを知り尽くしたような夫婦という間柄で、今さらそのような過激なプレイを試すことには気恥ずかしさもあるでしょうが、そのためらいと羞恥心こそが新しい刺激をもたらすことも事実に違いありません。

「もうこの人との通り一遍のプレイにはウンザリ」という場合には、あるいは、あなた側からの仕掛けが足りないのかもしれません。

女性であればセクシーな下着や、良い匂いのする石鹸、媚薬などを使って「メス」としての魅力を高めることもできます。
まずはくさくさと「飽きた」なんて言わずに、できることをすべて試すことをおすすめします。

まずは試せるだけ試してみましょう。

それでも…すべての方法を試して「やり尽くした感」が出た方は以下を参考にしてみて下さい。

「すべてやり尽くした」後に訪れるセックスレス対処法

現在、セックスレスの問題に悩んでいる夫婦の中には、おそらく、相手に対して性的な関心を持てないという人も相当数いるはずです。

もちろんそれは加齢による外見の老化もあれば、性嫌悪症に似たものもあり、様々な理由による、「特定の相手にのみ生じる性欲の減衰」でしょう。

女性には「はしたない!」と思われる話かもしれませんが…風俗店には「花びら大回転」なるコースもあるほどで、妻とはセックスレスでも、プレイする相手が変わると何度でも勃起ができるという男性がいくらでもいるのです。

そのような事実から考えると、やはり、とりわけ男性にとってはセックスのパートナーに求めているのは、「新鮮さ」が強く、ある種の「他人性」、そして精子をばらまきたい「本能」をくすぐる女性と言うことになるのです。

つまり、あなたがいつまでも旦那様に大事にされる女性でありたいと願うなら、常にフレッシュな自分を保ち続ける必要があります。

いかに彼にとって「他人」であり続けることができるか、そして、セックスの際に「新鮮な刺激」を与えることができるか――これがカギです。

そのためには日常生活からの心がけも必須でしょう。最低限の身だしなみであり、そして美容(ムダ毛対策、体臭対策。これは男性にも言えることですが…)、また相手に対する礼節も感じなければなりません。

親しき仲にも礼儀あり。言葉遣いはもちろんですが、夫の前で下品な態度をとらない、裸でウロウロしない。そういった女性としての品位も損ないたくないものです。

要するに、パートナーとの間にある種の「距離」を保つことがレス予防のために大事なのです。

そして、上記は「セックスの間隔」とも繋がってきます。

「間隔」をあけて新鮮なセックスを

「もうパートナーとは、あらゆるセックスをやり尽くした」
「今さら何か新しいことをやりたいという気持ちも、自分にはない」

それでもレスにはなりたくない、互いにとって満ち足りた形で性欲処理もしたい、という夫婦には、ぜひ適度な「間隔」をあけてセックスをすることをおすすめします。

誤解しないで欲しいのが、自然とセックスを遠ざけてしまうレスとは違うという点。

自覚的に、あえて「したい」という気持ちになったときも少し我慢して、お互いがどうしても我慢できなくなったタイミングで、身体を重ねるのです。

身体の中に充満した性欲を相手にぶつけるときには、どれだけ夫婦生活が長い男女でも、やはり本能的な興奮があり、強い快感が得られるはず!

その間には、たとえば女性なら下着を新調するも良いですし、ヘアスタイルを変えるのもナイスアイデアでしょう。

パートナーの目に映る自分が、「他人」に見えるように工夫してみてください。香水や石鹸などを使って身体の匂いまで変えれば、旦那様も久々に触れるあなたの身体に対して、大きな魅力を感じてくれるはずです。

また男性の場合は精力剤を飲めば精液の量も増え、射精の際の快感も大きくなるので、それだけでセックスに対する意欲が変わってくるかもしれません。

そのようなかたちでマンネリを打破するというのも1つの考え方です。

真面目な人ほど陥りやすい夫婦間のセックスレス

言うまでもなく、パートナーとセックスをするかしないかは、お互いの呼吸であり、タイミングです。決してセックスは夫婦間の義務というわけではありません。

しかし、厳密には極度のセックスレスは離婚事由としても認められるので、あるいはパートナーが求めてきて、自分が気分になれないときには、誤解を受けないように応じられない理由は説明しなければならないかもしれません。

本題に戻ります。
セックスはお互いの合意の上で、自然な呼応によって行うべきことにも関わらず、それを義務のように感じてしまい、窮屈な思いをしている方も多いようです。

もっとも多いのが、「毎週、土日はセックスをする日」とか、「給料日には旦那にサービスしてあげなければいけない」というような、特定の日を決めてセックスするというものです。

そうでなければ夫婦とはいえない、というような外圧を感じて、「決め事」にしてしまう男女がたくさんいるといいます。

そういった人たちは、ある種、とっても「真面目」なのです。自分で決めたルールに従って行動していくことが、人生の規範になっているのかもしれません。

しかし、それでは愛の行為であるセックスを楽しむことはできないでしょう。だんだんと世間の「夫婦像」とでもいうべきものによって規定された自分ルールに無理が来て、いずれ破たんします。

セックスは性欲の解消でもあり、二人の愛を確認する行為でもありますが、何にしても心楽しい親密な交わりでなければなりません。

嫌々とルールや規定に従ってパートナーを抱くことは、ただの苦痛に過ぎません。無理が募れば、セックスレスの要因に直結していきます。

そうなる前に、まずは世間のイメージから解き放たれましょう。

「夫婦は定期的にセックスするもの」でもなければ、「子どもをなすもの」でもないのです。

お互いの「したい」という心が一致したときに、求め合う――それが自然なのです。

自分たちの頻度を見つけて解決しよう

あらゆる「決め事」や世間からの外圧に従うようにセックスをしてしまっているという夫婦は、まず、その習慣を見直してください。まだセックスレスの状態に至らず、嫌々と続けているという状態ならば、一度、勇気を持ってその決まりを破ってみるべきでしょう。

あえて自分たちをちょっとしたレスの状態に置いてみてください。多くの場合は、習慣が乱されたことで、不安な気持ちになると思われます。そのような日々を送るうちに、たまらなくパートナーに触れたくなるタイミングがやってくるはずです。

しかし、すでに「決め事」に従うかのようなセックスが苦痛でレスの状態に陥っているという場合には、なかなか次に「したい」という気分になっても、習慣を崩したという罪悪感も相手にあって、素直にベッドに誘うことができないかもしれません。

そういったケースでは、やはり、自然な「建前」を考え出して、相手をその気にさせなければならないでしょう。温泉旅行でも、週末のデートでも、なんでもOKです。あるいはそのような時間的余裕がない場合には、お酒の力を借りるのも良いかもしれません。

重要なのは、自分たちなりの自然な頻度を見つけることです。「土日は毎週するもの」というように決めつけてしまうと、余暇の時間も楽しく過ごすことができなくなります。1カ月以上の間隔が空く場合には「セックスレスに陥りかけ」として気をつけなければなりませんが、それ以内の間隔でのレスならば、基本的に夫婦としての危機ではありません。

仮に月に一度のセックスであれ、その内容が十分に満たされているなら、夫婦関係はうまく維持できます。気分が乗らない日に無理やりセックスをして、だんだんと不快感ばかりが募り、性嫌悪症になるよりもずっと健全です。

しかし難しいのは、自分はこれくらいの頻度で満足と思っているのに、相手がそうでないというケースです。

性的な餓えを抱えているパートナーは、よそで欲求不満を解消してくる可能性もあります。

そうならないためには、あるいは、多少の頑張りは必要になるかもしれません。常に相手の視線を自分に置かせるためのちょっとした工夫、たとえば女性ならば「良い香り」でのアプローチや、ムダ毛処理なども、たいへん重要でしょう。

男性も無論、それは同じことです。加齢臭などの対策は、どのような原因でセックスレスになっているとしても、怠らず行うべきことです。

夫婦であれ、なんであれ、一緒に生活している人を究極は「他人」と思って、一種の礼節を持ってパートナーに接しましょう。